FC2ブログ

あるAVライターのブログ

売れないAVライターが、作品レビューからコアなAV情報まで、様々なトピックを発信するブログです

『イキ過ぎた着エロ 朱音ゆい』01

こんにちは。トミーです。

かつて容姿的にハイレベルな素人メーカーとして世に登場したプレステージ。もちろん現在もその要素は多分に残っているのですが、数年前から違う側面も際立ってきました。

それは、女のコを貶める作品もかなり良いということです。もちろん凌辱など女性を落とす作品を出しているメーカーは他にもありますが、プレステージのその手の作品は、毛色が違うように感じます。

プレステージのその手の作品を見た時、自分はこんなエピソードを思い出します。

娘さんがいる男性と話をすると、こういう話が出ることがあるのです。
「俺が女のコにしてきたような事をウチの娘も将来されるかと思うと、いたたまれないよね」

こういう人は、ある意味健全で、要するに若いころ、欲望を優先して行動していたということです。当然、女のコに対しても欲望を優先して接していたと。

もちろんそんなコミュニケーションの中には、客観的に見たら人として「?」がつく行為も含まれていたのかもしれません。

でも、それこそが本来の人間という動物のコミュニケーションであって、倫理や法律でガチガチに縛られたコミュニケーションには非人間的なものを感じるわけですよ。

もちろん犯罪や非倫理的行為を認めるわけじゃないですけど、人間だって動物なのですから、そういう欲望に捕らわれる時もあって当たり前です。特に若い頃だったら、仕方ない部分もあると思うのです。

もちろん犯罪を犯したら逮捕されるべきですが、本能を法律や倫理でガチガチに縛ると、益が少ないんじゃないかと思うんですよね。

話を戻します。

プレステージの女性を貶める作品には、そういう若い男が持っているような非道なアツさが表現されているような気がします。要するに、生々しいんです。ここでは、当然ながら非人道的要素も含みます。

プレステージの撮影班は、以前、遊んでいた人が多いんだろうなと思います。だからこそ、スタイリッシュな素人AVも世に送り出せたのでしょう。

そして、女性を貶める生々しい感覚も知っていると。

正直に言うと、自分は女性を貶めることができない人ですが、こういう作品に興奮を覚えることも確かなのです。

まぁ、身の周りの女性にはとてもこんな事言えませんけどね(苦笑)。

そんな訴求力がある同社の作品で、自分が最近評価すべきと思っているのが、「イキ過ぎた着エロ」シリーズ。

内容は、着エロアイドルに扮したAV女優(設定がややこしいですが…)が、撮影班の罠にハマって、最後にはSEX撮影に陥れられてしまうというもの。

数作出ていますが、今後、2作ほど紹介させてもらおうと考えています。

紹介1作目は、プレステージ専属女優・朱音ゆいちゃんが、出演している作品です。

長くなったのでレビューは、次回にします。

●DVD



●動画

イキ過ぎた着エロ ゆい


スポンサーサイト
[PR]

[PR]

  1. 2013/01/17(木) 12:33:04|
  2. AVレビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<『イキ過ぎた着エロ 朱音ゆい』02 | ホーム | 『奇跡の修学旅行!!まさか、クラスの女子達が僕らオタクグループの部屋にやって来るなんて!…と、思ったら僕らを完全スルー。履歴が残ることを嫌がって僕らの部屋でHな映像を見にきた女子達は勝手に鑑賞会。ところが思っていた以上に過激な映像だったのか女子達の様子がおかしい…。その時はまさかこの後、僕等にとんでもなくエッチな出来事が舞い降りるなんて知る由もなかった…。』04>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://avtommy.blog.fc2.com/tb.php/69-3a31dec8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

トミー

Author:トミー
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
AVレビュー (52)
お知らせ (1)
ランキング (1)
フェティッシュ (2)
自分が感じた場面 (5)
女優について (4)
思う事 (5)
男優 (1)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

現在の時間

ブログパーツ時計

アダルトニュース

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

エロ占い

エロ占い

占いツクール