FC2ブログ

あるAVライターのブログ

売れないAVライターが、作品レビューからコアなAV情報まで、様々なトピックを発信するブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ホラーなテイスト

こんにちは。トミーです。

自分は今、34歳ですが、我々の世代が影響を受けた映像作品の1つに、ウルトラマンシリーズがあると思います。

子供向け番組ではありましたが、時に深いメッセージ性を含む物語もあり、当然全ては理解できないものの、子供心に深い印象を与えられたものでした。

ちなみに、ニコニコ動画に『ウルトラマン ホラーな名場面集』という動画がいくつか上がっています。

子供番組ながら、やはり作品に質感を与えるために、怖い場面も臨場感タップリに撮影する。なかには、現代ならばTV局に抗議が殺到しそうな表現も含まれているのですが、そういう意味で昔はまだ自由だったということでしょうか。

自分が好きなのは、

まずウルトラマン第2話でバルタン星人が施設を乗っ取り、乗り込んできたハヤタやイデと接触するシーン。人間と同じ大きさだからこそ怖いものがあります。



ウルトラマン第28話、ダダ星人が登場する回で、ムラマツ隊長の肩を叩く怪しいほどに無表情なバスの運転手や謎の女、ダダが乗り移った研究所員などが独特の怖さをかもし出します。
一方で上司の命令に従いウルトラマンに立ち向かうも、全く歯が立たないダダ271号(ダダ星におけるこの怪人の呼び名らしい)を、ツラい仕事に耐えながらも全く給料の上がる目処が立たない自分の立場に重ねて共感する人もいるようですが。


ウルトラセブン第23話の最初にはシャドー星人に追いかけられる場面があります(この動画だと6分13秒ぐらいから)。


この他にも上げればキリがないのですが、やはりこんな人の心に深い印象を残す場面はホラーであるなしに関係なく映像作品では重要な役割を担います。

さて、最近、AVでも怖いテイストを纏わせ、作品の序盤を盛り上げているタイトルを見つけました。その作品とは、ディープスからリリースされている『レズ奴隷 VOL.2 愛憎玩具・奪われる美人女医の誇り』です。

長くなってしまったので、この続きは次のエントリーで説明しようと思います。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

  1. 2011/04/27(水) 11:13:54|
  2. 自分が感じた場面
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ホラーなテイスト続き | ホーム | イメチェン>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://avtommy.blog.fc2.com/tb.php/15-49c0f5c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

トミー

Author:トミー
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
AVレビュー (52)
お知らせ (1)
ランキング (1)
フェティッシュ (2)
自分が感じた場面 (5)
女優について (4)
思う事 (5)
男優 (1)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

現在の時間

ブログパーツ時計

アダルトニュース

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

エロ占い

エロ占い

占いツクール

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。