FC2ブログ

あるAVライターのブログ

売れないAVライターが、作品レビューからコアなAV情報まで、様々なトピックを発信するブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

気になる熟女

こんにちは。トミーです。

藤沢芳恵さんという女優さんをご存知ですか?

どれがデビュー作かは定かではありませんが、今年7月ぐらいから作品が出始めた50歳の熟女優です。

自分は今、彼女に興味があります。

彼女は雰囲気としてはあまり垢抜けておらず、まさしく友達のお母さんちっくな親しみやすい女性に見えます。

牧原れい子さんのような華やかさもないし、また、雰囲気からはエロさというものが感じられない。

しかし、SEXの時の乱れっぷりはなかなか凄まじいです。素の時の親しみやすさというか、貞淑っぽい感じとか一気に吹き飛ばしてイキまくるのです。

新作の『友人の母 藤沢芳恵』(溜池ゴロ―)を例にとります。




彼女はこの作品で挿入されると何度もイキます。レイプの時でもイッちゃうのですが、その時、彼女が発する言葉が面白い。

「ダメ…また来ちゃう…来ちゃうッ!!」

なぜ「イク」じゃなく「来る」なのかは定かではありませんが、とにもかくにもシーツをギュッと掴み、白目になりながら身体を痙攣させるのです。

このイキっぷりも「ござむしり」と言われるほどに感じやすいとされる50歳熟女だからなのか…。

とにかく抜きやすいし、さらに「この人とSEXしたいな」と思わせてくれる女優だと思います。

どうして彼女はAVに出るようになったのか…。自分が今、最もインタビューしてみたい女優さんの1人です。

『JULIAが自宅に押しかけSEXしまくり』
○メーカー
溜池ゴロ―

○女優
藤沢芳恵


○プレイタグ
熟女お母さんレイプデジモDVDトースター

DVD販売→ココ
動画販売→ココ
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

  1. 2011/09/06(火) 19:23:24|
  2. 女優について
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

べストミックス

こんにちは。トミーです。

AV女優の女のコたちの中には、撮影で演技をする際に自身の世界観を明確に思い描ける人がいます。

そういう女のコが増えてきたことは、演技が上手い女のコが増えてきたこととおおよそイコールだと自分は考えています。

自分の気のせいかもしれませんが、そういうコは割とアキバ系が多いなぁと思います。

アニメを見て、声優に憧れたり、その主人公に自身を重ね合わせたりして、自身の世界観を作り上げているのかなぁと。

これはあくまで自分の仮定ですが、アニメの設定は実写に比べて自由度が高いですから(例えば、ワンピースのルフィの手が伸びるのは実写ではなかなか表現できないでしょう)、その分、アニメの方がより強固でオリジナリティ豊かな世界観が出来上がると思うのです。

さて、そんな女のコを今日は紹介したいと思います。京野ゆめちゃんという女のコです。このコは声の出し方が、アニメの声優っぽい。これはあくまで自分の想像ですが、このコもひょっとするとアニメ好きなのかなぁ…? と思ったりします。

以前『究極サンドイッチFUCKスペシャル 京野ゆめ』という作品を見て、彼女には注目しておりました。セリフ回しが上手いというわけじゃないんですが、醸し出す雰囲気が良い。

京野パケ01


自分が一番良いと思ったのは、大戦中、反戦活動をした疑いで非国民扱いをされ、そのまま拷問として2穴FUCKをさせられてしまう場面。

自分は先の大戦を否定していませんが、それでも、戦争には反対です。やはり有事の時には人心が乱れ、色んなことがあると思うのです。2穴同時FUCKはさすがに無かったと思いますが、この場面のような悲しいSEXもきっとあったに違いありません。

彼女の場合、そんな悲しい感覚を、戦争が終わってから40年以上経ってから生まれたにも関わらず大づかみしているように思える。要するに世界観が出来上がっているんですよ。

ちょっとひいき目に見ている部分もなくはありませんが、とにかくこの場面は引き込まれます。それは彼女の演技によるところが大きいと思うのです。

昨日また、彼女の作品を見ました。『アフター5はアヌス奴隷 京野ゆめ』という作品です。

京野パケ02


この作品でも彼女の演技は光っています。

この作品はOLに扮した彼女が、社内の色んな男に弄ばれ、最終的には2穴同時FUCKまで強要されてしまうという内容。彼女の世界観とM女っぷりが絶妙に混ざりあい、独特の味を醸すのです。

社長に迫られた時は、「奥さんに知られたら大変ですよぉ…」と一応は拒みながらも、服の上からオッパイを揉まれただけで脱力してしまうゆめちゃん。乳首をつねられるように摘ままれて感じてしまう様は彼女のMっぷりを如実に物語っています。

その場面ではそのまま社長の言いなりになって、バック姦を受け入れ、中出しまで許してしまうのです。場面が終わり、社長室から出てきて廊下を歩いていく彼女の演技がまた素晴らしい。

内またになりフラフラしながらの歩き方も良いのですが、表情がまた良い。うつむきがちになり、「あぁ、またやっちゃいけないSEXに応じ、そして、感じてしまった…」という罪悪感が顔ににじみ出ています。断れない女の悲しみを、彼女なりに理解しているんでしょう。

後輩に呼ばれ、AFを求められる場面では、「アナルに挿れられるのを想像して、もうオマ○コを濡らしているんだろう!?」と詰られ、「そんなことないもん…」と舌足らずな声でつぶやきつつも、その言葉攻めに興奮してモジモジ。

その後、ズボンを脱がし、アナルをじっくりと観察する場面があるのですが、ほとんど身体に触れていないのに、言葉攻めとアナルを見られている羞恥でゆめちゃんは十分に興奮。乱れた呼吸に合わせ、尻穴がヒクヒクするのも、見どころポイントです。

その場面でも結局、ゆめちゃんはお尻の穴でイキまくってしまうわけですよ。

今まで書いてきた内容からは脱線しますが、ラストの2穴同時FUCKを含む3Pでは、尻に浣腸液を注入しながら、マ○コをチ○コで突くという場面がありますが、その時の浣腸液の迸りっぷりも見どころだといえるでしょう。

演技と彼女のMぶりから出た素直な反応を分別するのは難しいですが、この2つが並び立ち、ベストミックスしているのは確かです。

ちなみにこの京野ゆめちゃん、まだ4作品しか出ておりません。しかも、ここ2ヵ月ぐらいリリースがない。引退しちゃったんでしょうか。

顔を見ると、確かに単体じゃないかな…とは思います。

しかし、類まれなる美乳を始め、白肌の身体はきれいであり、絡みも良い。企画女優としてじっくり活動していけば、1年後にはかなり人気が出ている気がするんですが…。


『究極サンドイッチFUCKスペシャル 京野ゆめ』

○メーカー
MOODYZ

○女優
京野ゆめ

○プレイタグ
乱交 中出し アナル デジモ

DVD販売→ココ
動画販売→ココ

『アフター5はアヌス奴隷 京野ゆめ』

○メーカー
CROSS

○女優
京野ゆめ

○プレイタグ
OL アナル 浣腸 3P、4P デジモ


DVD販売→ココ
動画販売→ココ
DVDレンタル→ココ
  1. 2011/05/29(日) 12:05:30|
  2. 女優について
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

イメチェン

こんにちは。トミーです。

女のコは髪型とかメイクなんかで、いくらでも変わります。

実を言うと皆さんの前に出ているAV女優の格好は、かなり専属契約するメーカーや所属プロダクションの意向に左右されます。特に、メーカーの意向にされやすいという印象が自分にはあります。

AV女優には、ファッションセンスが無い女のコも、ある女のコもいます。そんな女のコの特徴はとりあえず置いておいて、メーカーおよびプロダクションが、メイクやスタイリストという見た目を作るプロに女のコをゆだねるということは、キチンとしたAVタレントを世に送り出すという面において、理にかなっているといえます。

ただ1ついえることは、その女のコの実態とはそれなりに離れていることも、事実なのです。

ファッションセンスが無い女のコは実態を見るとがっかりしますが、そうじゃない女のコは「あれ、AVよりもいいじゃん!」と思うことも少なくないわけですよ。

今日長々と書いてきたのは、そう思う女のコに昨日会ったからです。

その女のコとは美雪ありすちゃんです。

美雪ありす写真


彼女は容姿的にはお姉さまに分類されるでしょう。人柄的には上品さの中に可愛らしさを併せ持つ女性であり、少なくともツンとすましたお姉さまではありません。それどころか、とにかく男を癒すというか、面と向かって話をしていると、照れざるえない。

マジでヤバイです(笑)。

そんな彼女は、現時点まででリリースされているAVでは基本的にストレートのロングヘアで彼女は登場します。

そして、昨日は髪の毛にウェーブがかかっており、AVのニコパチに比べ、柔らかさを感じました。格好もどちらかというと、お姉さまというよりもキュートな女のコという雰囲気でしたし。

さらに言うと、彼女の2作目『TVタレント美雪ありすをアクメで鍛えるSEXトレーニング』では、彼女は髪の毛を両側でお下げにし、ガーリー度を増したヘアスタイルを披露しています。

恐らくは昨日、自分が見たのが、彼女の普段に近いと思われます。完全に一致しているかどうかは分かりませんが。

そして、ストレートのロングと、お下げは恐らくはメーカーの意向でしょう。

お姉さまだけど、ツンとしていない癒し系の人柄。

そんな人柄のおかげで髪型をただ変えただけで、お姉さまからガーリーまで転換できてしまう。これが、美雪ありすちゃんの強みの1つなのではないかと。昨日実際に会って、切にそう思いました。

だからこそ、アリスJAPANには、彼女のイメージを色々と弄って遊んで欲しいなと思うのです。

もしかしたら、今後、遊んだ作品が出てくるのかもしれませんけどね。ぶっちゃけ、彼女はかなりHが好きなようです。絡みの質は折り紙つき。

だからこそ、繰り返しますが、遊んで欲しい。彼女だったら、何でも成功しそうな気がします。

それにしても、また彼女に会いたいなぁ。企画、考えよっかな…(笑)。
  1. 2011/04/22(金) 00:23:11|
  2. 女優について
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

被虐体質

マックスガールズpake


こんにちは。トミーです。

若い女のコは、大体の場合、自分のことをMだと言います。

自分がAV女優に取材した場合も圧倒的にそう言う女のコが多いです。

しかし、実際に作品を見てみると、「あぁ、本当に被虐体質だな」という女のコと、「今まで責められるHしかしていないから、そう思い込んでいるだけだな」という女のコに分かれるような気がします。

そんな中で、「本当に被虐体質だ」と思う女のコを見つけました。マックスエー専属の真木今日子ちゃんです。

特に見てほしいなと思うのは『MAX GIRLS 38』です。この作品は、マックスエー専属の女優たちがマッサージ嬢に扮し、色んなパターンでSEXに展開していくという作品。

その中でこの真木今日子ちゃんは、断れない体質を客に見抜かれ、なし崩し的にSEXまで持ち込まれてしまうのです。

「ココもマッサージしてよ」とチ○コを握らされるところから始まり、「今度は俺がマッサージするよ」と太ももをサワサワされて、まるでマ○コをかき回されているかのように感極まって「アン、ハァアッ!」。

「お客様、困ります…」。そう言いつつも、男のイタズラには敏感に反応してしまう今日子ちゃん。フェラさせられつつの指マンを経て、挿入に至ります。膣口にチ○コをあてがわれると、今日子ちゃんは最後の抵抗。

今日子「お客様、困ります…」→客「じゃあ、止めちゃう?」→今日子「…や…止めないです…」

で、結局深々と挿入されてしまうのです。入った瞬間の感じっぷりが、またスゴい。まだピストンが始まってもいないのに、

「アァッ、ハアアアアッ」と感極まり、身体をビクつかせるのです。

こういう女のコって風俗でも割といて、自分も遭遇したことがあります。だからこそ、自分もこの作品に感じ入るところがあったのでしょう。そういう女のコって、この作品と同様に、いとも簡単にホンバンされちゃうんです。客観的に見ると一抹の悲しさがあります。

ただし、この真木今日子ちゃんは、自身のM体質を知り、そのM体質を完全に満足させるべく、そういう場面を演出しているんじゃないかと思う節もあるんですけどね。

どういう部分にそういう要素がにじみ出ているのか。それは実際に見て確かめてみてください。
  1. 2011/04/20(水) 03:26:00|
  2. 女優について
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

トミー

Author:トミー
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
AVレビュー (52)
お知らせ (1)
ランキング (1)
フェティッシュ (2)
自分が感じた場面 (5)
女優について (4)
思う事 (5)
男優 (1)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

現在の時間

ブログパーツ時計

アダルトニュース

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

エロ占い

エロ占い

占いツクール

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。